Hem » ルーレット

ルーレット

ルーレットは発明以来、昔からよく行われてきたカジノのゲームです。カジノに行けば、必ずルーレット台があり、一獲千金を夢見る客がルーレットに興じていることでしょう。仕組みさえ理解すれば、多くのチップを回収することができるシンプルなゲームです。これまでにルーレットで勝ったラッキーな客もたくさんいますし、これからもそれは続くことでしょう。さて、この人気のゲームについて、あなたが自分の運を試すことができるように簡単なヒントをお教えしましょう!

ゲームのやり方

通常、自分が希望するところに自分でチップを置きますが、コールベットはレーストラックと呼ばれる他の部分に置かれます。ここがカジノであれば、ディーラーが登場するところでしょう。あなたはディーラーにどこにチップを置きたいのか伝え、ディーラーはレーストラックにあなたのチップを置いてくれます。

インサイドベットとは、ルールの項目にその詳細が記載されていますが、テーブルの上に直接チップが置かれます。0と00以外の数字はすべて整然と3段12列に並んでいます。最初の列には1、2、3があり、2列目には4、5、6といった具合に並んでいます。最後の列には34、35、36があり、0と(もし00がある場合には)00は上段に並んでいます。テーブルの数字枠の外側にはアウトサイドベットとレーストラック用の枠があります。

ルーレットは一度にたくさんの人が賭けることができるため、どのチップが誰のであるのかを区別するシステムが必要です。そのため、プレーヤーごとにチップの色を変えています。それぞれのチップの価値はディーラーが持っているボード上に表示されています。プレーヤーがルーレットを終えると、チップをキャッシュチップに変えることができます。このキャッシュチップは現金に換金することができます。ルーレット台ではルーレットチップのみを使います。

すべてのプレーヤーがそれぞれのベットを終えると、ボールがどの数字で止まるのかを見届ける番です。ボールがスピードを弱めるにつれ、ディーラーが「この回の賭けは終了です」とプレーヤーに伝えます。ボールがある数字で止まると、ディーラーは外れたチップを回収し、当たった人には配当を配ります。そして次のゲームが始まる、という流れです。

ルーレット台

ブラックジャックやバカラと比べると、ルーレット台の方が大きいです。台には1台の大きいホイールと数字が書いてあり、その上にチップが置かれます。ホイールは一見適当な順序で作られているように見えますが、実際には規則性があります。見るとお分かりのように、対極に並ぶ数字は連番となっています。たとえば数字の1の対極には2が配置され、34の対極には35がきています。

ルール

ルーレットのゲームルールはすごくシンプルです。ゴールは次の回にくると思う数字に賭けることです。それだけのことなのですが、賭け方が色々あるのです。

ベットとペイアウト

ルーレットでは9通りの賭け方ができます。インサイドベットには6通り、アウトサイドベットには3通りです。もちろん、一度に1通り以上(他の枠)の賭け方をすることもできます。賭け金とペイアウトで、もし勝てば自分の賭け金をキープすることができます。つまり、たとえば賭け金の35倍で勝てば、賭け金もそれにプラスして戻ってくるのです。

ルーレットでできる他の賭け方についてもその仕組みとともにご説明しましょう。フランス語での賭け方の名称はかっこ書きで示しています。

ストレートアップ

0(と00)を含む、数字のどれにでもチップを置いて賭ける方法です。勝てば、自分の賭け金にプラスして35倍配当があります (Numéro plein)。

スプリット

隣り合う数字の間にある線の上にチップを置き、2つを指定して賭ける方法です。ボールが賭けた数字のどちらに入っても、勝つことができます。2つの数字に賭けたいけども、5に賭けたい場合には、2-5、4-5、5-6、5-8で賭けることができます。そのうちのどの数字がきても、賭け金にプラスして17倍の配当があります (A cheval)。

ストリート

横に並ぶ3つの横、左右どちらかの線の上にチップを置き、3つを指定して賭ける方法です。ボールが3つの数字のどれに入っても、ペイアウトは賭け金にプラスして11倍の配当です (Transversale plein)。

0を含めたストリート

チップを0と1-2、または2-3の線の上に置いて、3つを指定して賭ける方法です。これは、0-1-2、または0-2-3に賭けていることになります。勝てば、ペイアウトはストリートと同じで、賭け金にプラスして11倍の配当です (Transversale plein avec zéro)。

コーナー

隣り合う4つの数字の線の上にチップを置き、4つを指定して賭ける方法です。4つの数字のどれでも当たれば、賭け金にプラスして8倍の配当です (Carré)。

0を含めたコーナー

これは0を含めたストリートとほぼ同じです。チップを0の外側の線の上に置いて賭ける方法です。4つの数字のどれでも当たれば、ペイアウトはコーナーと同じで、賭け金にプラスして8倍の配当です (Carré avec zéro)。 ライン

ラインは隣り合う2つのストリートで6つの数字に置くベットです。勝てばペイアウトは賭け金にプラスして5倍の配当です (Sixain)。

ダース

数字枠の外側にある「最初の12」「真中の12」「最後の12」と示されている枠は、数字の1-12、13-24、25-36を示しています。この枠のどれかにチップを置くことで、12個の数字に賭ける方法で、ペイアウトは賭け金にプラスして2倍の配当です (Douzaine)。

コラム

最後の列の隣にある3段の枠は、それぞれが上段の12個の数字、中段の12個の数字、下段の12個の数字を示しています。こうして12個の数字に賭ける方法で、ペイアウトは賭け金にプラスして2倍の配当です (Colonne)。

アウトサイドベット

数字枠の外側に6つの枠があります。この枠に賭けることもできます。SEK100を賭けて勝てば掛け金にプラスしてSEK100が配当されます。この6つの枠には赤か黒か(赤か黒かで配当)、奇数か偶数か(奇数か偶数かで配当)、小さい数字か大きい数字か(1-18か19-36かで配当)を選べます。カジノによって0または00が出た場合にルールは異なります。カジノによっては賭け金の半分を戻してくれるところもあります。賭けを始める前にルールについて確認しましょう (Les chances simple)。

コールベット

これはフランス語でのコールベットですが、ヨーロッパ、アメリカどちらのルーレットでも使われています。

Voisins du zero: ホイールの0を中心として17個の数字に賭ける方法です。その数字は22、18、29、7、28、12、35、3、26、0、32、15、19、4、21、2、25です。

Tiers du cylindres: ホイールの0の反対側の12個の数字に賭ける方法です。その数字は27、13、36、11、30、8、23、10、5、24、16、33です。

Orphelins: 上記2つに含まれない8つの数字に賭ける方法です。その数字は7、34、6、1、20、14、31、9です。

Finales en plein: 特定の値で終わる数字に賭ける方法です。たとえば5、15、25、35など。

Finales a cheval: 特定の2つの値で終わる数字に賭ける方法です。たとえば9、19、29、2、12、22、32など。

Jeu Zéro: ホイールの0に近い6つの数字に賭ける方法です。12、35、3、26、0、32、15です。

戦略

勝率を上げて勝つ方法を学びたいのであれば、ルーレット戦略の使い方を学ぶといいでしょう。カジノゲームの戦略すべてを集めているため、自分がやりやすいと感じるものを選ぶことができます。戦略の中にはマーチンゲール法やパロリ―システムなど、昔からあり良く知られているものもあります。また、スーパーマーチンゲール法や1-3-2-6システム、オスカーズグラインド法についても記事を集めています。

こうした戦略についての記事を読み、仕組みについて学びましょう。準備が整ったと思えば、お勧めのオンラインカジノに行き、戦略を試してみましょう。オンラインカジノの多くは、無料でルーレットができるようになっているため、実際のお金を使う必要はありません。正しい戦略を使って、勝率を上げましょう。

ルーレットの種類

ルーレットが世界中で行われるにつれ、様々な種類が出てきました。現在、主な種類は3つです。フレンチルーレット、ヨーロピアンルーレット、アメリカンルーレットです。この3種類とも、基本的なプレー方法は同じですが、賭け方、配当の倍率、ホイールが少し異なります。以下に、3つの種類についてどのように違うのかをご紹介しましょう。

フレンチルーレット

元々のルーレット同様、最も多くの地域でプレーされている種類です。元々、ルーレットという言葉はフランス語の「小さなホイール」に由来しています。フレンチルーレットはルーレットにおいてメインの種類であると言え、アメリカンルーレットやヨーロピアンルーレットは、フレンチルーレットを少し変えたものと言えるでしょう。フレンチルーレットのホイールには0が1つしかありません。

フレンチルーレットでは、フランス語でプレーされることが多いのですが、聞きなれている言葉と同じ意味をしている場合が多いでしょう。コールベットも使うことができますが、それぞれの名前はフランス語になっています。賭け方は上記で説明した通りですが、少し覚えておくといいフランス語を挙げておきましょう。

Rouge / Noir = 赤/ 黒 Impair / Pair = 奇数/ 偶数

Manque / Pass = 小 (1-18) / 大(19-36)

Premiere / Moyene / Derniere 12 = 最初の12(1-12) / 真中の12(13-24) / 最後の12(25-36)

フレンチルーレットには他と違うルールが少しあります。これはLa PartageとEn Prisonと呼ばれ、賭け方に影響します。La Partageルールではイーブンベットでボールがゼロに入った場合、掛け金の半分が戻っています。En Prisonルールではイーブンベットをしてスピンの結果がゼロだった場合、賭け金は保留されます。保留された賭け金を取り戻すには次の回で勝たなければなりません。配当金が入るわけではありませんが、少なくとも、賭け金をそのまま次の回に使えます。

明らかに、En PrisonとLa Partageのルールを同時に使うことはできません。プレーするテーブルではどちらのルールで行われているのかについて表示されているはずです。これらのルールのいずれかでプレーされている場合、ハウスエッジは1.35%まで下がります。つまり、プレーヤーにとって勝ちやすいルーレットと言えるでしょう。

アメリカンルーレット

アメリカンルーレットは少しフレンチルーレットと異なりますが、主な違いはホイールの数字がフレンチルーレットでは37個なのに対して38個あることです。これはアメリカンルーレットには00があるためです。00はハウスエッジが1/19(5.26%)に上がります。5つの数字に賭ける場合、たとえば0-00-1-2-3などでは、ハウスエッジは7.89%になります。

ヨーロピアンルーレット

ヨーロピアンルーレットもまた人気です。主にフレンチルーレットと似ていて、ホイールの数字も37個で0~36までです。ハウスアドバンテージは1/37(2.70%)です。 しかし、コールベットはどの言語でも行われ、必ずしもフランス語でなければならないということはありません。